スクールライフ

特別講演(災害と自助行動)

 

12月19日、特別講演『災害を生き抜く自助-命を守る判断と行動とは-』をテーマとして
災害看護専門看護師である寺田英子先生にご講演頂きました。

講演目的は、岩国医療センター附属岩国看護学校の学生として、いつ起こるかわからない災害に対して防災意識を高め、
「危機を未然に防止」し、また、発生した場合に「被害を最小限にくい止めること(危機管理)」を目的としました。

講演では災害の基礎知識から岩国地域で起こり得る具体的な災害リスクと災害を生き抜く「自助」についてご講演頂きました。
釜石の奇跡を例に「津波避難の3原則」や人間の行動特性などから自分の身をどう守るのか、
ShakeOutを実際にやってみたりと楽しみながら学ぶ講演でした。

岩国看護学校

後半では、事例を基にタイムライン作成に取り組み発表しました。

家族の歩く速度や避難所の位置、ハザードマップを用いた津波想定からタイムラインを作成して、自助や共助、心理バイアスも考えたタイムライン作成をそれぞれのグループでい発表しました。


当校では、年間を通して防災学習センターでの煙・地震体験、学校における火災避難訓練、病院における災害訓練など多くの災害学習に取り組み、災害に対応できる学生を育てていきたいと考えています。

岩国看護学校

ページトップ