平成30年度 岩国医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 518 164 209 261 505 796 2037 2914 2509 644
 当院は、地域支援病院に指定されており、救命救急センターを有する3次救急病院として、地域医療の中核を担っています。また、小児救急医療拠点病院、地域周産期母子医療センターに認定されおり、幅広い年齢層の様々な疾病の治療を行っております。
 年齢層では、医療圏の高齢化もあり、60歳以上の方が7割を超えています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 26 23.08 12.58 0.00 83.81
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし - - 2.78 - -
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 9.59 - -
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 13.46 - -
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 - - 15.01 - -
 内科はどこの科にも所属しない内科的救急患者を受入れています。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 11 12.27 10.42 0.00 72.73
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 11 17.64 12.58 18.18 74.27
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 20.92 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2-なし - - 19.01 - -
060295xx99x00x 慢性C型肝炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 5.88 - -
肝臓内科では主に肝臓の悪性腫瘤の内科的治療や慢性肝炎等のびまん性肝疾患の診断と治療を行っています。時に肝臓癌を主とする肝悪性腫瘍は外科と連携し、内科的治療が望ましい症例を治療していきます。
誤嚥性肺炎や尿路感染症は、内科、消化器内科と一緒に呼吸器内科や泌尿器科等とも連携をとりながら治療をしていきます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 67 6.63 6.19 0.00 0.91
010080xx99x410 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病あり 34 2.94 23.11 0.00 5.21
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2-なし 25 5.24 6.14 0.00 2.56
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 25 7.12 6.17 0.00 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 19 6.37 6.62 0.00 5.37
小児科の入院診療は、集中治療を必要とする重症疾患、重症の乳幼児呼吸器感染症(RSウィルス、hMPV、急性喉頭炎の重症例など)、重症の気管支喘息発作、輸血管理が必要な消化器疾患に加え、在宅管理・外来治療を行っている慢性疾患児の急性増悪に対応しています。新生児は28週1000g以上の早産低出生体重児を基本としていますが、緊急症例には対処しています。
重症例では、急性脳症・脳炎や1型糖尿病性ケトアシドーシス、心不全を伴う新生児先天性疾患などの治療が必要でした。川崎病の入院診療を行い、心臓カテーテル検査を含めて小児循環器科で以後もフォローしています。
乳幼児の手術や体外循環を必要とする循環器疾患は小児心臓血管外科を有する専門施設、脳低体温療法が必要な重症新生児仮死は総合周産期母子医療センターへの転院で治療をお願いしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病なし 68 4.19 4.33 1.47 65.94
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 63 5.87 4.96 3.17 68.75
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病なし 62 3.45 4.41 0.00 66.31
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 60 10.45 8.95 5.00 70.98
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 42 13.29 15.30 2.38 72.76
当科では消化管、肝胆膵および乳腺の悪性疾患を中心に診療を行っておりますが、それ以外にもヘルニア疾患や外傷性疾患の外科的治療を行っております。手術以外でも抗がん剤治療やそれに伴うCVポート留置、放射線治療或いは急性胆嚢炎・急性虫垂炎・腸閉塞といった急性腹症にも対応しております。また、ご紹介には迅速に対応し、術後のfollow upも当科で責任を持って行う事を基本としております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 192 25.10 26.30 80.21 84.89
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 25 6.64 5.68 0.00 55.76
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病なし 25 12.08 5.55 12.00 39.24
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 24 26.17 24.26 37.50 75.67
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 23 14.48 15.83 0.00 61.30
当科では、四肢の骨折等外傷、股・膝関節人工関節、脊椎系疾患が主な疾患です。
急性期病院の為、手術的治療を目的とする入院が主となります。
大腿骨頸部骨折、転子部骨折は、その多くを地域連携パスにて治療していますので、多くの場合、術後リハビリ転院をしていただくことになります。
脊椎系では、微小侵襲手術により、高齢者への手術適応が広がり、入院期間の短縮が期待できます。人工股関節も、原則、微小侵襲手術としており、その適応例では、2週までの入院を目標としています。近年、膝の人工関節、靱帯・半月板手術が増加しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし 13 10.77 8.16 7.69 77.92
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 11 8.64 12.51 0.00 75.09
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし - - 5.37 - -
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし - - 3.82 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし - - 3.15 - -
悪性腫瘍・良性腫瘍、外傷、先天異常、瘢痕・ケロイド、難治性潰瘍ほか、幅広く対応できる施設である。特に低侵襲な再建手術に力を入れており、なかでもマイクロサージャリーによる再建手術においては、頭頸部再建、乳房再建、リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術などのほか、身体各所の再建を手掛けている。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 75 8.52 9.69 17.33 81.12
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 46 11.15 7.35 23.91 62.11
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 43 21.72 18.72 76.74 70.79
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 29 10.00 7.28 6.90 58.48
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 25 26.24 21.23 84.00 67.12
脳神経外科では頭部外傷に関連した疾患で入院する患者さんが最も多くなっています。この中には開頭術や穿頭術など手術を行った患者さんもいれば、保存的治療(手術ではなく点滴などの治療)を行った患者さんもいます。また脳梗塞や脳出血などの脳卒中で入院される患者もたくさんおられます。脳の病気以外に首や腰の病気の患者さんの治療も行っており、手術治療を中心として幅広く神経に関わる病気の治療を行っている点が当科の特徴と言えます。
胸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 147 9.11 11.87 0.00% 73.44
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 36 2.97 3.43 2.78% 73.64
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 21 9.71 10.08 4.76% 49.19
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 17 5.88 8.98 5.88 55.00
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 12 22.50 31.09 8.33% 75.42
呼吸器外科領域全般の患者さんを加療しています。
特に肺の悪性腫瘍の患者さんの手術を最も多く施行しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 87 2.00 2.85 0.00 67.44
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 定義副傷病なし 42 28.71 24.00 4.76 77.62
050080xx99100x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 42 3.05 5.81 0.00 77.43
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 23 3.04 4.52 0.00 76.39
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2-なし 22 18.00 17.30 0.00 74.14
当科では岩国市を含む山口県東部を中心に、広島県、島根県と幅広い地域からの患者さんを受け入れています。近年高齢化に伴い大動脈弁狭窄症や増帽弁閉鎖不全症等の弁膜症が増加していますが、当科では増帽弁閉鎖不全症に対し、人工弁より生理的な自己弁修復による増帽弁形成術を積極的に行っています。また、胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤に対し従来型手術はもちろんのこと、より低侵襲なステントグラフト治療も行っています。その他下肢静脈瘤に関しては血管内レーザー焼灼術を導入しており、ストリッピング術・結紮術とともに適応に合わせて治療を行っています。
全ての患者さんに対し、理学療法士、薬剤師、栄養士、臨床心理士等、循環器診療に携わるスタッフが連携して総合的かつ包括的な医療を提供することで、手術を安全に受けていただくだけでなく、退院後も質の高い生活が維持できる体制をとっています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 22 2.91 2.82 0.00 3.55
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり - - 3.14 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.26 - -
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - 5.49 - -
140260xx97xxxx 胸郭の変形および先天異常 その他の手術あり - - 5.26 - -
主に鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣などの頻度の高い疾患を取り扱っています。
ほか、先天性水腎症や便秘症など、超音波・放射線画像による診断が必要な疾患も多く取り扱っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 50 3.40 2.84 0.00% 77.96
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 35 3.00 5.39 0.00% 77.91
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.37 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では主に、白内障、翼状片の疾患を取り扱っています。眼科以外の疾患を合併されている方は、他科と連携して対応しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 61 8.25 7.89 0.00 15.34
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 39 6.64 5.10 0.00 67.46
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 35 7.97 7.04 0.00 57.46
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 5.91 5.43 0.00 45.63
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 28 7.00 7.37 0.00 57.89
慢性副鼻腔炎の手術、扁桃、アデノイドの手術、唾液腺の腫瘍を扱う頻度が高いが、頭頸部腫瘍全般について診察を行っている。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 36 15.25 12.51 5.56 74.69
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1-なし - - 10.65 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし - - 8.16 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.98 - -
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等2-なし - - 10.44 - -
皮膚の良性~悪性腫瘍(悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がんなど)の手術療法を行っています。
また、水疱症や皮膚の感染症(蜂窩織炎など)の入院治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 61 10.75 12.63 0.00 70.54
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 57 9.68 7.20 0.00 74.00
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1-なし 定義副傷病なし 44 6.23 5.62 2.27 63.70
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病なし 43 3.21 2.53 0.00 72.77
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 32 7.88 7.40 0.00 75.94
泌尿器科では尿路悪性腫瘍 (前立腺癌・膀胱癌・腎癌)を中心に手術療法および薬物治療を行っています。また、急性期病院であるため尿路結石症および尿路感染症の治療も行っています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2-なし 27 6.07 19.69 7.41 30.26
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし - - 6.52 - -
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし - - 11.83 - -
120180xx03xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 胎児外回転術等 - - 2.10 - -
120180xx02xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 骨盤位娩出術等 - - 8.70 - -
地域周産期母子医療センターとしてハイリスク妊娠分娩を取り扱っています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 33 8.76 9.87 0.00 46.61
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 27 8.93 8.86 0.00 71.74
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 26 9.15 12.58 0.00 53.08
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 18 8.61 10.16 0.00 53.94
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 15 5.80 4.85 0.00 69.53
子宮・卵巣の良性腫瘍の症例数が最も多いが、悪性腫瘍の症例数は年々増加しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 127 10.39 10.00 0.00% 67.58
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 126 3.31 3.43 0.79% 72.15
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-8あり 84 10.13 10.62 1.19% 66.15
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 56 14.21 19.06 7.14% 74.55
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 52 17.13 20.92 36.54% 86.25
呼吸内科は 肺の悪性腫瘍に対する化学療法、感染症を中心とした治療を行っております。当院は山口県東部の中核病院であり、遠方からの患者さんや通院困難な方の入院が多くなっているために在院日数は若干長めとなっております。
外来化学療法はシスプラチンのショートハイドレーションなどを取り入れ、積極的に施行しております。
平成30年度からは難治性喘息に対する気管支焼灼術を行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 229 2.82 3.01 0.87 71.46
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2-なし 179 5.26 5.15 0.56 68.39
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 151 5.64 4.47 1.32 71.90
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 118 21.23 17.66 22.88 85.38
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 80 15.71 16.18 36.25 74.33
循環器内科に入院する症例で最も多いのは、心臓カテーテル検査や治療目的の入院です。検査であれば1泊2日もしくは2泊3日で行い、治療であれば3泊4日で行います。
また、当院の循環器内科は脳梗塞の症例も多く入院します。急性期の治療が終了した後、症例の3割はリハビリ目的の転院が必要となります。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 40 18.60 16.17 0.00 82.98
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-5あり 定義副傷病なし 14 10.71 13.75 0.00 68.93
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 11 18.27 21.33 0.00 71.09
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 11 34.55 32.36 0.00 79.55
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 11 34.55 40.13 0.00 74.00
入院治療としては、リンパ腫の初回化学療法治療や診断、骨髄異形成症候群の治療を多く施行しています。その他にも急性白血病や再生不良性貧血性貧血をはじめとする良性疾患の治療も行っています。外来では2回目以降のリンパ腫化学療法や多発性骨髄腫治療、血球減少の精査などを多く施行しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 144 9.88 10.08 6.25 79.08
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 97 3.53 2.67 1.03 68.02
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 71 9.21 8.52 0.00 73.86
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 48 8.69 7.75 2.08 64.83
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 35 12.29 5.42 8.57 64.43
当院は山口県東部の中核病院であり、この地域では他に専門施設がないため、疾患が当院に集中する傾向にある。
胆膵疾患に対する内視鏡的治療のみならず、消化管腫瘍(早期がんや大腸ポリープ)に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)/内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、消化管癌に対するステント留置術(stenting)、消化管出血に対する止血術、経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)など内視鏡的治療入院が多く、これら内視鏡的治療に重点を置いている。
小児循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし - - 16.18 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
小児循環器科は、入院時循環器疾患が明らかになった場合に介入するという場合がほとんどです。(川崎病、急性心筋炎、先天性心奇形など)
他には、外来管理、心臓カテーテル検査が必要になった場合等の検査入院を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 98 11 14 66 10 104 1 8
大腸癌 48 25 47 75 20 232 1 8
乳癌 21 38 11 1 2 63 1 8
肺癌 128 25 66 110 152 374 1 8
肝癌 9 3 1 3 7 41 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国際対がん連合(UICC)によって定められた病期(ステージ)分類の第8版を使用して集計しています。
患者数は延べ数ですので、複数回入院されている場合はその都度数えられています。

【胃癌】 主な診療科は、消化器内科・外科です。
早期であるStageⅠの症例を多く診ています。
StageⅠでは、内視鏡的手術、腹腔鏡下手術など負担の少ない治療を取り入れています。
StageⅡ・StageⅢでは、手術を行う場合、開腹が多くなります。
StageIVや再発に対しては化学療法が主な治療となっています。
化学療法は、入院だけでなく、外来でも行っています。

【大腸癌】 主な診療科は、消化器内科・外科です。
StageⅠでは、腹腔鏡下手術や内視鏡的手術を行っています。
StageⅡ・StageⅢでは、手術を行う場合は、開腹だけではなく、腹腔鏡下手術も多くなりました。
StageIV・再発の症例が多いのは化学療法で複数回入院されている症例を重複して集計している影響があります。
化学療法は、入院だけでなく、外来でも行っています。
集計にはありませんが、消化器内科では、上皮内癌の内視鏡的治療も積極的に実施しています。

【乳癌】 主な診療科は、外科(乳腺外科)です。
組織検査の結果によって、手術、化学療法、放射線治療、内分泌療法を組み合わせて治療を行います。
形成外科とともに乳房再建も行っています。
入院での主な治療は手術、化学療法です。
再発に対しては、化学療法が主な治療です。
化学療法は、外来でも行っています。
放射線治療、内分泌療法は多くの場合、外来で施行しています。

【肺癌】 主な診療科は、呼吸器内科・胸部外科です。
StageⅠ・StageⅡでの主な治療は、胸腔鏡下手術です。
化学療法も行う場合があります。
StageⅢ・StageIV・再発では化学療法を中心に患者様の状態に合わせて幅広い治療を行っています。
StageIV・再発の症例が多いのは化学療法で複数回入院されている症例を重複して集計している影響があります。

Stage不明は検査入院で、結果確定前に退院されたものです。
治験の症例もありますが、集計からは除かれています。

【肝癌】 主な診療科は、内科(肝臓内科)・外科です。
治療は、初発の場合、外科的(開腹)手術が多く、再発では、血管塞栓療法と化学療法が治療の中心です。
症例によっては、腹腔鏡下手術やラジオ波焼灼療法も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 8.21 57.21
中等症 135 14.12 81.13
重症 36 18.81 85.00
超重症 11 17.73 80.73
不明 - - -
 成人(20歳以上)の市中肺炎(普段の生活で罹患した場合の肺炎)について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
 重症度は成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROP)を用いて集計しています。
 この指標ではウイルス性の肺炎や高齢者に多い誤嚥性肺炎は集計対象外となっています。
 軽症では外来治療が基本となりますが、合併症があり重症化の恐れがある場合などは入院となることもあります。
 当院では中等症の患者さんが最も多く、約7割を占めています。

 全体の平均在院日数は14日程度ですが、重症度別にみると、重症度が高くなるにつれて平均在院日数が長い傾向にあります。
また、軽症を除く中等症以上の患者さんの平均年齢は80歳以上となり、高齢者の肺炎は注意が必要です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 292 22.1 77.1 42.7
その他 29 15.3 69.4 3.1
 脳梗塞について、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を、発症から来院までの日数が「3日以内」か「その他(4日以降)」かで分けて集計しています。
 
 脳梗塞は、発症後3日以内に来院された急性期症例が約9割を占めています。特に発症後4時間半以内の超急性期症例は、rt-PA(アルテプラーゼ)の静脈投与による血栓溶解療法の適応となる場合があります。その他にも、血管内カテーテル治療や脳保護薬の点滴、リハビリ等を行っています。平均的な入院日数は約21日で、約4割の患者さんが、リハビリ等を継続して行うため他施設に転院されています。脳梗塞全体の約1割の患者さんが発症から4日以降に来院されていますが、突発的な麻痺等の症状を認めた場合は一刻も早く来院されることをお勧めします。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K0821 人工関節置換術(膝) - - - - -
当科の手術は救急入院後に行ったもので、統計で内科に上がっています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 13 1.31 13.77 0.00 73.08
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術 - - - - -
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
肝臓内科では肝臓癌を主とする肝悪性腫瘤について、内科的に治療を行う場合、血管塞栓術と肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法のどちらか一方を、又は二つを別日に行っていきます。治療については肝腫瘍の大きさと肝予備能を確認して、治療が有効であるだけでなく、術後の肝予備能が十分保てている事を検討しながらの選択となります。
肝硬変等で腹水が貯留した場合、トルバプタン製剤が用いられる事もあります。しかし、内服薬治療での効果が不十分な症例については胸水、腹水濾過濃縮再静注法も検討します。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの - - - - -
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -
当院では出生時における仮死蘇生術を実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 71 1.58 5.07 1.41 63.46
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 41 1.88 11.34 0.00 72.90
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 34 1.26 3.24 2.94 70.50
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 33 0.76 3.82 0.00 41.67
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 31 1.65 14.32 0.00 68.45
2018年の手術件数は更に増え、腹腔鏡手術の割合も46.8%にまで増えました。主な要因としてはヘルニアや胆嚢摘出術および虫垂切除が増えた事とヘルニアも半数以上を腹腔鏡で行うようになった事が挙げられます。更に肝切除も腹腔鏡下切除の占める割合が増えております。すなわち従来比率の低かった領域の手術に対する腹腔鏡下手術の割合が増加した結果と考えております。しばらくこの傾向は続くと思われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 152 2.74 20.39 67.76 79.47
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 68 3.87 19.94 85.29 84.38
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 41 1.44 21.90 36.59 73.73
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 35 1.94 13.06 17.14 55.46
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 29 2.21 8.83 6.90 49.62
骨折等外傷、関節系が多くを占めています。手術件数は、昨年度、前年比2割程度増加しましたが、今年度も夏以降増加しています。昨年度より、膝の靱帯、人工関節手術が増加しています。 当科では、待機的予定手術は、全体の1/3程度で、それ以外は、緊急若しくは数日内に手術する準緊急手術です。
骨折は、多くは緊急/準緊急手術適応となると考えており、手術室枠、麻酔科枠、機材等の関係で、まだお待ちいただくことがありますが、できるだけ早期に手術をするようにしています。勿論、脱臼、開放骨折等、若年者の大腿骨頸部骨折等は緊急手術の適応です。例えば、高齢者の大腿骨頸部/転子部骨折は、臥床期間をできるだけ短くすることにより、臥床に伴う併発症発症をできるだけ少なくするべく、既往等で手術を待つ必要がある場合を除き、できるだけ早期に手術するよう心がけています。
当院は急性期病院ですので、比較的短期入院になるか、回復期リハビリで加療可能例につきましては転医リハビリをしていただくことが多くなりますのでご理解ください。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 15 0.87 8.33 6.67 77.67
K0102 瘢痕拘縮形成手術 その他 - - - - -
K0081 腋臭症手術 皮弁法 - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 - - - - -
K0131 分層植皮術 25平方センチメートル未満 - - - - -
がん拠点病院として、マイクロサージャリーを用いた遊離組織移植による再建(頭頸部癌、乳癌、皮膚・軟部悪性腫瘍)を行っている。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 65 0.32 7.60 16.92 82.46
K178-4 経皮的脳血栓回収術 23 0.00 25.84 60.87 84.17
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 23 2.22 6.57 4.35 74.52
K189 脊髄ドレナージ術 17 1.12 46.12 58.82 66.59
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 16 0.69 36.63 62.50 69.31
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿頭洗浄術です。高齢の患者さんが多い疾患ですが、手術は局所麻酔下で短時間に行え、患者さんには負担の少ない手術です。脳動脈瘤に対しては患者さんごとに慎重に検討し、開頭手術、血管内手術のうちより良い治療法を提供しています。近年、血管内手術による血行再建術が増加しています。特に脳梗塞となって間もない患者さんに対する血栓回収術が増加しています。脊椎脊髄疾患に対しても積極的に取り組んでおり、頭だけではなく首や腰に対する手術も行っています。
胸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 53 1.00 8.26 1.89 75.32
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 39 1.33 7.10 0.00 74.41
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 36 1.00 7.36 0.00 70.31
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 20 2.65 6.00 5.00 48.00
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 15 1.80 5.13 0.00 74.93
肺の悪性腫瘍の進行度と患者さんの全身状態により、肺葉切除、区域切除、部分切除を適切に選択しております。
可能な限り患者さんの負担を考え、胸腔鏡を使用した低侵襲手術を施行しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 54 0.00 1.00 0.00 68.44
K5551 弁置換術 1弁のもの 49 7.08 22.49 6.12 76.90
K617-2 大伏在静脈抜去術 30 0.00 1.00 0.00 64.87
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) 22 2.05 13.86 4.55 74.09
K5612イ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 胸部大動脈 16 1.44 14.38 6.25 72.38
当科は手術室に据置型のの血管造影装置を結合させたハイブリッド手術室を有し、手術中に血管造影検査を行うことが可能です。この利点を生かし、従来の開心術に加え胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療や、閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療、急性動脈閉塞に対する血栓除去術等を行っています。2018年は年間336例の手術を行いました.うち心臓・胸部大血管手術(開心術)は126例(うち弁膜症手術81例)でステントグラフト治療は27例施行しました。また下肢静脈瘤に対しては高周波血管内焼灼術を導入しており、ストリッピング術・結紮術とともに適応に合わせて治療を行っています。(97例)
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 22 0.91 1.00 0.00 3.55
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア - - - - -
K419 頬、口唇、舌小帯形成手術 - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの - - - - -
主に鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣などの頻度の高い疾患を取り扱っています。
腹腔鏡手術を積極的に行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 86 1.00 1.22 0.00 77.86
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では、主に白内障・翼状片などの頻度の高い疾患の手術を行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 62 1.00 6.32 0.00 17.77
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 31 1.00 5.87 0.00 58.39
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 31 1.00 3.65 6.45 68.19
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 20 0.10 5.10 0.00 40.35
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 13 1.00 5.92 0.00 61.00
慢性副鼻腔炎・鼻中隔湾曲症に対する内視鏡下鼻内手術を多く施行しているが、これ以外にも扁桃腺摘出術やアデノイド切除、声帯ポリープなどの手術も多い。
また、口腔癌、舌癌、中咽頭癌、下咽頭癌、喉頭癌など頭頸部扁平上皮癌などに対する手術も行っている。
さらに、耳下腺腫瘍、顎下線腫瘍などの唾液腺腫瘍(悪性を含む)、甲状腺癌の手術も行っている。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 - - - - -
K0134 分層植皮術 200平方センチメートル以上 - - - - -
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
K0133 分層植皮術( 100c㎡以上 200c㎡未満) - - - - -
皮膚の良性~悪性腫瘍(悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がんなど)の手術療法を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 88 1.10 6.73 0.00 74.57
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 61 1.21 8.54 0.00 70.54
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 39 1.72 3.62 2.56 64.95
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 22 1.05 7.00 0.00 72.36
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 14 2.07 10.57 0.00 76.64
泌尿器科では、前立腺癌に対するロボット支援手術,膀胱の悪性腫瘍に対する手術,尿路結石に対する尿管ステント留置術や体外衝撃波破砕・レーザー破砕を中心に行っています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K907 胎児外回転術 - - - - -
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法) - - - - -
K9091イ 流産手術 妊娠11週までの場合 手動真空吸引法によるもの - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
K636 試験開腹術 - - - - -
不必要な帝王切開は減らす努力をしており、昨年の帝王切開率は10%と周産期センターとしては大変低い数値となっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 50 0.98 7.30 0.00 51.62
K8654 子宮脱手術 腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式) 27 1.11 6.81 0.00 71.07
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 17 0.94 3.35 0.00 36.65
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 15 0.80 5.47 0.00 45.33
K879 子宮悪性腫瘍手術 15 1.07 7.80 0.00 58.87
婦人科悪性腫瘍手術は年々増加傾向にあります。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 4.10 13.50 0.00 70.90
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K508-3 気管支熱形成術 - - - - -
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) - - - - -
入院での化学療法に関連する手術を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 128 1.23 3.44 1.56 69.40
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 108 2.90 3.85 1.85 72.54
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 78 4.71 10.33 5.13 82.15
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 65 2.83 11.28 9.23 74.18
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 55 0.20 14.33 1.82 70.29
循環器内科では、慢性虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術と冠動脈ステント留置術を多く行っています。この様な治療は急性心筋梗塞症例に対しても行います。
また、洞不全症候群や房室ブロックといった徐脈性不整脈に対しては、ペースメーカー植え込み術を行います。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K5551 弁置換術 1弁のもの - - - - -
K6262 リンパ節摘出術 長径3センチメートル以上 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
血液内科での手術は、リンパ腫診断のための手術を主に施行しています。また、化学療法継続のため、点滴確保困難な方に応じた静脈内持続注入用植込型カテーテル留置を施行しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 104 2.48 12.71 11.54 76.94
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 95 1.66 1.96 0.00 68.46
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 77 2.74 7.62 3.90 77.29
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 71 1.00 7.34 0.00 74.39
K6852 内視鏡的胆道結石除去術 その他のもの 32 1.63 5.69 12.50 81.03
膵胆道疾患に対するERCP関連手技に関しては、年約600件施行している。またとくに内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)には力を入れており、年100件程度施行している。治療に関しては、全例鎮静+炭酸ガス送気で行っており、スコープも最新のモデルで行えるよう常に内視鏡診療環境を整えており、今後も症例数の増加が期待できる。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 26 0.25
異なる 11 0.10
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 47 0.45
異なる - -
 様式1の精度向上を図るために最も医療資源を投入した傷病名が、播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別した症例数の全退院患者数に対する発生率を示したものです。
 入院契機については、次の分類により集計しています。
 「同一」:もともと当該疾病の治療目的で入院した場合
 「異なる」:他の疾病の治療目的で入院したものの、入院中に該当疾病の治療が主になった場合
 播種性血管内凝固症候群は、さまざま重症の基礎疾患により、全身の血管内で血栓ができる病態です。
 敗血症は感染症を発症された方の体内でおこる過剰な生体反応によって、組織障害や臓器障害をおこす致死性の病態です。入院契機と「異なる」は、肺炎や尿路系感染が起因した疾病の治療目的での入院時および入院中に敗血症の治療が必要となったケースです。
当院は高度急性期医療を担っており、近隣に同様の病院がないため、上記のような重症症例も多く診察しています。
 手術・処置等の合併症は、手術や処置をしたことで起こる病態を指します。当院で透析は行っておりませんが、透析シャント狭窄や閉塞などの患者さんの治療も受け入れております。こうした手術や処置等に一定割合で発生してしまう病態になりますが、合併症はどのような術式でもどのような患者さんでも一定の確率で起こり得るため、事前に説明し、同意をいただいたうえで発生しないように細心の注意を払っています。
全ての項目で昨年よりも症例数、発生率ともに少なくなっています。
更新履歴
2019.9.30
データ掲載