後期研修プログラムこのページを印刷する - 後期研修プログラム

消化器内科の後期研修プログラム(卒後3年目以降)

研修目標

内視鏡検査・治療経験数を増やし、手技の上達とともに、高度かつ専門的な知識・技術を習得することが中心となります。消化器病学会・消化器内視鏡学会の専門医取得を目標にします。

 

施設資格

・日本内科学会教育施設
・日本消化器病学会指導施設
・日本消化器内視鏡学会指導施設

 

消化器内科スタッフ概要

・日本消化器内視鏡学会指導医2名、専門医4名、内視鏡技師4名、看護助手1名、クラーク1~2名
・分野別スタッフ数:上部消化管2名、下部消化管1~2名、胆膵2~3名

 

主な設備環境

<主な内視鏡機器>
ハイビジョン対応スコープ、ハイビジョンモニター、NBI拡大スコープ、経鼻内視鏡、Water-jet機能付きスコープ、マルチベンディングスコープ、カプセル内視鏡(ギブン・イメージング社)、ダブルバルーン小腸内視鏡、EUS(専用機と細径プローブ)、EUS-FNA装置、炭酸ガス送気装置、APC発生装置、高周波装置3台(VIO300D、ICC200、ESG-100)

台数:内視鏡センターに4台、X線テレビ室に1台

画像ファイリングシステム:日本光電

 

各種カンファレンス

月曜日 17~18時:
肝臓カンファレンス(於:西7病棟カンファレンスルーム)
火曜日 8時~8時30分(第2,4火曜日のみ):
病棟カンファレンス(於:西7病棟カンファレンスルーム)
18~19時:
胆膵カンファレンス(於:3階内視鏡カンファレンスルーム)
水曜日 8時15分~8時30分:
内科連絡会(於:4階大会議室)
18時~18時30分:
消化管合同カンファレンス(於:3階内視鏡カンファレンスルーム)
18時30分~20時:
消化器(内視鏡・X線)カンファレンス
(於:3階内視鏡カンファレンスルーム)

 

週間スケジュール

  AM PM
月曜日 内視鏡 内視鏡
火曜日 内視鏡or腹部エコー 内視鏡
水曜日 内視鏡or血管造影 内視鏡
木曜日 内視鏡 内視鏡or血管造影
金曜日 消化管造影 内視鏡

*どれか1コマを救急当番
*時間外の緊急内視鏡当番あり

 

内視鏡教育プログラム

まず最初の1年間で上部・下部のルーチンワークができるようになることを目指します。

(1)<最初の3ヶ月間>⇒上部消化管内視鏡検査に集中!

・助手を行う。可能な限り、あらゆる検査・治療の介助を行う。
・スコープの洗浄のしかたをマスターする。
・モデルを使って、スコープ(上部消化管内視鏡)の操作方法に慣れる。
・内視鏡カンファレンスに出席する。
・ビデオを見たり、教科書(成書)を読んで、基本的用語を理解する。
・上部消化管内視鏡検査の抜き操作から始める。
・約15回、抜き操作を経験した後、挿入へ入る。
・最初のうちは、早めに専門医や指導医が交代し、上級者の技術をみてもらうようにする。
・写真の取り方(撮る順番)および所見の書き方を身につける。
・色素を散布し、生検を行う。
・診断学を養う。
 

(2)<残りの9ヶ月間>⇒徐々に大腸内視鏡検査に進む!

・大腸内視鏡の成書・ビデオ等を活用し、イメージトレーニングを行う。
・コロンモデルで、スコープの操作方法に慣れる。
・約10回、抜き操作を経験した後、挿入へ入る。
・挿入時つまずいたら、早めに専門医や指導医が交代し、見本をみせるようにする。
 

< 1年目の重点目標 >

・受け持ち症例の70%を消化器疾患。
・下部消化管内視鏡検査の実施(抜き操作→挿入)。
・ERCPや緊急内視鏡などの検査・治療の助手を積極的に行なう。
・下部消化管内視鏡検査の経験症例数を増やす(90例/年)。
・PEGの実施(20例/年)。
 

2年目より大腸ポリープ切除、緊急内視鏡検査、ERCPに段階的に入ります。

・最初は簡単な大腸ポリープ症例から局注→スネアリング→切除→回収(EMR)する。
・緊急内視鏡は、最初のうちは、観察のみとする。
・ERCPの介助に付き、十二指腸スコープの操作方法を覚える。
・ERCP(造影のみ)の症例を重ねる。
 

< 2年目の重点目標 >

・大腸ポリープ切除術(30例)、緊急内視鏡検査(20例)、EISL(10例)、ERCP(30例)、EUS(5例)などの実施。
・緊急内視鏡検査は最初は観察のみ。その後止血術を経験。
・上部(200例)・下部(1000例)消化管内視鏡検査は完全一人立ち。
 

3年目より高度な検査・治療に入ります。

・胆膵EUS、EST、結石除去、stentingの実施。
・ESDはマーキング⇒全周切開・トリミング⇒粘膜下層剥離と段階的に進む。胃⇒食道⇒直腸と段階的に進む
・ダブルバルーン小腸内視鏡検査の実施
 

< 3年目の重点目標 >

・胃EMR/ESD(10例)、EST(10例)、stenting(10例)

 

学術活動(学会・研究会発表等)

<参加する主な学会・研究会>

・日本内科学会地方会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、広島胃と腸疾患研究会、
 山口県胃と腸症例検討会、周防消化管勉強会、岩国消化器同好会、山口県東部IBD研究会、
 大竹・岩国地区胃腸疾患懇話会、山口県NST研究会
・年間3~4題前後の発表を目標にしています。
・年間1編の論文発表を目標にしています。

 

資格について

 

検査件数

<年間総件数(2012年)>

6077(上部3828、下部1736、胆膵432、小腸81)、
ESD60(食道7、胃45、大腸8)、
消化管ステント(上部5、大腸4)、

止血術90、PEG99、EISL10、カプセル内視鏡49、
ダブルバルーン小腸内視鏡32、EUS117、EUS-FNA24、
大腸EMR284、EST107、EPBD22、ERBD87、胆管ステント8、
DB-ERCP6、IDUS89