初期研修プログラムこのページを印刷する - 初期研修プログラム

消化器内科の初期研修プログラム(1年目、必修、2ヶ月間)

研修体制

消化器領域(消化管・胆膵・肝臓)の疾患を幅広く経験することが目標となります。
病棟(入院)受け持ち患者(10~15例)は、指導医とペアで、指導医の患者を一緒に受け持つことにより、各種疾患のマネージメントを学びます。
検査・治療については、腹部エコー検査・腹部血管造影検査・上部消化管内視鏡検査・消化管造影検査を中心に、特殊検査や治療の介助も含め、週間スケジュールに従い、経験を積んでいただきます。
また、各種カンファレンスに出席することにより、専門的な知識を効率よく学ぶことができます。
消化器内科では、実際に手技を積極的に経験してもらうことを最重要視しています。

各種カンファレンス

月曜日 17~18時:
肝臓カンファレンス(於:西7病棟カンファレンスルーム)
火曜日 8時~8時30分(第2,4火曜日のみ):
病棟カンファレンス(於:西7病棟カンファレンスルーム)
18~19時:
胆膵カンファレンス(於:3階内視鏡カンファレンスルーム)
水曜日 8時15分~8時30分:
内科連絡会(於:4階大会議室)
18時~18時30分:
消化管合同カンファレンス(於:3階内視鏡カンファレンスルーム)
18時30分~20時:
消化器(内視鏡)・X線カンファレンス
(於:3階内視鏡カンファレンスルーム)

週間スケジュール

  AM PM
月曜日 内視鏡 内視鏡
火曜日 腹部超音波 内視鏡
水曜日 血管造影 内視鏡
木曜日 内視鏡 血管造影
金曜日 消化管造影 内視鏡

*どれか1コマを指導医とともに救急当番を行う

 

学術活動(学会・研修会発表)

指導医のもと、必ず1回は発表する。

 

内視鏡初期教育プログラム(必修2ヶ月間コース)

・上部消化管内視鏡検査の経験を増やし、指導医のもと、一人で検査を完遂する。
・写真の取り方(撮る順番)および所見の書き方を身につける(診断学を身につける)。
・色素を散布し、生検を行う。

 

内視鏡初期教育プログラム(初期研修2年目の選択期間コース)

・上部消化管内視鏡検査の経験を増やし、指導医のもと、一人で検査を完遂する。
・写真の取り方(撮る順番)および所見の書き方を身につける(診断学を身につける)。
・色素を散布し、生検を行う。

 

資格について